8月16日。お盆も無事終わり、さあ釣りにでもと思ったんですが、
小鮎は少し間を開けたいところやし、
ハゼも、もう少し泳がしておいたほうがよさそう。
タチウオも大阪湾に入っては来ているようやけどリリースサイズが中心。
新名神のおかげで天神釣り池へのアクセスが良くなったので超久しぶりにヘラでも、とも思ったけど、まだヘラは暑い。

という事で、シーズン当初は全く予約が取れなかった、イカメタルの船長にダメもとで、連絡入れました。(ここ数年人気がすごいので小鮎にいけなくなったからと間近に連絡してもあきませんよね。笑)
狙いはシロイカ、所謂ケンサキですが、マイカと呼ばれたり、赤イカと呼ばれたりややこしい奴です。イカメタルはバーチカルに仕掛けを入れ、イカの触りをティップの繊細な動きで察知して掛けていきます。テクニカルでゲーム性が強く、で、獲物も美味しい。最近人気の釣りです。

船長 「18日、なら大丈夫です、でも海が荒れているので、当日、出れるかまた連絡してください。」とのこと。
どうも、16日も17日も低気圧になった台風(何号やったっけ…)の影響で風が強く海が荒れているので出船を見合したようで、18日の予約の方も、そんな状況なのでキャンセルした模様。
船にはめっぽう弱いので、そんな状況では私もかなりやばい… 笑

18日朝に電話すると、様子をみて12時に決めますとのこと。まだ決められないと言う事は出れたとしてもかなりの揺れを覚悟しないといけなそう。これはかなりやばい。笑
まあ、結果的にはそのやばい海でイカ釣りをすることになりました。笑
で、結果的にやばい状況にもなりました。笑

18時出船なので現地には17時過ぎに到着。
当日は6名の乗船で、私以外は5名のグループさん。

1d9b43a8.jpg

※浅茂川港から出てる船の内、何艇かは出船を見合せたようです。それくらい微妙にやばい海の状況です。笑

72938986.jpg


dd348465.jpg

※各船出船の準備中

ea83468d.jpg

※左2本が私のタックル オモリグ用とイカが浮いてきた用のスピニングタックル

cb6cfa4b.jpg

※それと、イカメタル用のタックル、もちろん水深カウンター付きです。今日はタックル、3セット持ち込みました。これで、大体の状況がストレスなくカバーできます。

18時出船、もちろん港の中は穏やかです。
ca060bb2.jpg

※数名、漁港でサビキ釣りをされてます。

a292a0d7.jpg

※沖目に投げれればタイミングが良ければ何かかかりそうな堤防、歩いて行けるのでよさそうですが、足場が高いのでええのがかかったら取り込めるんでしょうか。笑
大阪湾の沖堤より高さがありそうですね。

c22c5599.jpg

※夕焼けの中、ポイントへ移動します。

釣りが始まったので写真は中断

10分ぐらいでポイントに着くときもありますが、当日は鳥山、魚探でポイント選びに時間が掛かり、釣り開始は6時半。水深は少し深めの約70m。
併せて、予想通りのうねりに、かなりの強さの2枚潮で、かなり釣りにくい。
20分程でポイント移動。
次のポイントは水深60m。このポイントで照明を入れて19時から本格的に開始。

照明を入れてしばらくするとあたりが出だします。
最初、30m付近で乗っていたイカが、徐々にレンジが上がり、しばらくすると10m前後まで浮いてきて、最終的には5mでも乗ってきます。

ほぼシロイカ(ケンサキ)で1割ほどスルメが混じります。
まあ、サイズはこの時期なので胴長20~25の小ぶりが中心で時折30以上が入ります。とりあえず数釣りモードに入ったので20センチ以下はリリースして、頑張っていたんですが、やはり恐れていた船酔いが突如襲ってきて、撒餌をして、9時頃リタイヤ。早々にセルフストップフィッシングです。恐れてはいたけど残念な予想通りの結果です。笑

釣果は約50杯。最後まで体が持てば束は楽勝だったんですが、船に弱いのも実力、仕方ないですね。笑

a8509ad4.jpg

※本来は18時~24時迄ですが、6名中、私を含め3名がダウン、で、数もそこそこ釣れたので1時間早めにストップフィッシングとなりました。ほんとこの1時間の早上がりは助かりました。笑

帰宅後、船酔いと長距離ドライブと眠気でクタクタの中、とりあえずイカの後始末。

741f851d.jpg

※5匹程、タッパーで沖漬けにしました。本当はもう少し作っておけばよかったんですが揺れが激しくしんどかったので余分な作業が億劫になって出来ませんでした。

5eb06704.jpg

※帰宅後、大きい目のは袋に入れてその他はトレイに乗せてフリーザーで急速冷凍。これでしばらくイカは困らないし、小さい奴は小さく刻んで鮎の撒餌&食わせに試してみよう。撒餌と食わせは連動が基本ですよね。
小さいのはリリースしないで小鮎の餌釣り用にみんな持ち帰ればよかったとこの時気付きました。気が付くのが遅すぎ。笑

422c926f.jpg

※せっかくなので小ぶりを一杯、刺身と軽く炒めて味見。旨い。笑
合わせたのは、貰い物の小瓶の獺祭スタンダード。食中酒にはこれくらいのくせのないきれいな酒がちょうどいいですね。(あまり好きなタイプの酒ではないけど…笑)

次こそは安曇川で、何とか今年の目標(20cm以上)を達成したいんですが、大雨以降、これはという小鮎、鮎の釣果画像がBLOGや掲示板では全く上がらなくなっていて、かなり厳しそうな状況です。仮に、長さがあっても、痩せていたら、パワー的には、全く別物ですからね。