28日の志賀釣行がいまいちだったので再度の小鮎です。
今回は前回の志賀から少し北上して、北小松での釣行です。
情報では志賀よりは状況は良さそうです。

朝一、駐車場の前では、既に数名の方が釣りを始めれられてます。
私はその駐車場の少し北側の流れ込み近辺に釣り座を構えました。

217f2648.jpg

※きれいな朝焼けです。北小松の朝焼けもほんと美しく幻想的です。

荷物を運んでいると、なんと、時折、仕掛けが届く湖面に波紋が出てます。
いつに無く急いで準備し、5時半には釣り開始です。
足元水温は13.5℃

ea72f8ed.jpg

※釣り座、南側。駐車場の前は釣り人で賑わっています。

d95a5e3c.jpg

※釣り座北側。こちらも、この後どんどん人が増えていきました。

開始早々、10cmを超えるふっくらした小鮎が心地よく反応してきました。
幸運にも朝一のタイミングでそこそこの数の小鮎が浅場に溜まってたようで、
その後も、同様のサイズの個体ばかりがコンスタンスに相手をしてくれました。

ただ、2時間ほどすると、群れが変わったのか、小型の小鮎が混じりだして来たので、
いったん、ビクの小鮎をクーラーに移して朝飯タイムの休憩。

その後も、釣れ具合に波はあるものの、飽きない程度に小鮎は反応してくれました。
200は超えたかなという事で、昼過ぎ終了で、自宅で数えると245匹程でした。

普段は数日で食べ切れる量という事で、100迄を目安の数釣り志向ではないのですが
今回は、GW後半にある、地元の春祭の時に、来てくれるお客さんに
小鮎の醤油炊き、天ぷらを食べて頂きたかったので、多めに釣れてやれやれです。

なんせ、いつも浜ではヘラ台出して、座ってのんびりウキ見の釣りなのに
今回は、終始スタンディングでの誘いのミャク釣りです。真逆のスタイルです。笑
小鮎のミャク釣りはスレが増えるのと、肘肩の負担が大きいので実は嫌いなんですが背に腹は・・・。笑

a15df457.jpg

※終了の昼過ぎで約16℃、開始時は13.5℃。

帰りに志賀をのぞくと、これまた、志賀を偵察に来られていた右京さんと遭遇。
お聞きすると志賀もそれほど良い状況では無かったようです。
Tさん夫婦もかんばられてましたが、釣り人はそれほど多くはありませんでした。


帰って下処理を延々と行っているうちに本日の釣果写真を忘れていました。
仕方ないので加工中の写真でも。笑

52fc7a5e.jpg

※醤油炊き、多分170程。てんぷら用を分けてから残りをすべて炊きました。

0d9e7c43.jpg

※残りは、てんぷら用に下処理してフリーザーに。

今後は、北上しながら今津あたりまで浜の釣りを楽しんでから、川の予定でしたが、
今年は安曇川、廣瀬の解禁が6月9日と早いようなので、
あと、数回、北小松で小鮎と遊んでから、川の鮎にエサで挑みます。
今年はちょっと釣り方を変えようと思っているので、川の開幕が楽しみです。