「小鳴門の真鯛、もうすぐ終わるので行く?カセおさえよか~。」
息子から誘いがあったので小鳴門に鯛釣りに行きました。(鯛は久しぶり)
小鳴門の真鯛は、春先から、餌取り(って言っても良いサイズのアジだったりするのでそれでもええのですが…)が湧く初夏くらいまでの釣りです。
狙いは鳴門鯛。一応ブランド鯛です。
弟も誘って3人で鳴門へGO。ファミリーフィッシングです。

4a24d4b0.jpg

小鳴門海峡ど真ん中にアンカーで固定されたカセに向かってスタート、本日は6時から16時。途中、潮ダレのタイミングで2時間程陸に上がり、昼飯、昼寝です。(これがあるので楽)

釣り方は、簡単で小鳴門用にちょっと細工したカゴにサシエとマキエを入れ、流すだけ。仕掛けが潮になじめばシャクリを入れてマキエを散らし後は浮きが入るのを待つだけ。テクニック不要、勝負は運。笑

34069254.jpg

※本日の釣り座

181695a0.jpg

※手作り仕掛けカゴ。エイトでワゴンセールのカゴを調達して作成。1個100円程


朝一、ひと流し目でスパッといい感じで浮きが入りました。鯛の引きです。
が…、2~3分のやり取りの後、ハリスを飛ばされました。
息子「おとん、ハリス何号なん。」
私 「1.5」
息子「太ハリスでも、ぜんぜん関係無く食ってくるから3号位にし~、70UPも食ってくることあるんやで」息子に怒られました。笑。

78de3a62.jpg

※最初の一匹目。25弱。来年また会おう、という事でフォト&リリース。

朝一の早い段階で、あたりが出てたので安心してのリリースだったんですがこれが甘かった。この後なかなか浮きが動かなくなりました。

85c7dd72.jpg

※2匹目 約32、少し小ぶり。出来れば刺身が出来るサイズが狙いやけど、塩焼き用にキープ。生簀に入れておきます。

e59f0af7.jpg

※3匹目 約42。きれいな鳴門鯛。ちょっと目標より小さいけど、今晩は刺身が食えそう。笑
この後、休憩の迎えが来たので陸に上がり、昼飯を食べて少し車で仮眠。
近くの餌屋でぶっこみ用に青虫を少しだけ調達。

12時に午後の部、出発。
cc09b91c.jpg

※午後はあきませんでした。フォト&リリースのこの20弱だけでした。

おまけのベラ
923ac27e.jpg

※25~30位のキュウセン雄が3匹。

それと、14時過ぎになんだか変な引きの魚がかかり、10分以上ファイト。
間違いなく鯛でない引き具合の、何か。
息子「ヒラメちゃう? ヒラメも釣れるでここ、ええサイズや」
息子はかなりいい偏光を使っているのかまだ深めの魚の魚影を捕らえています。
私 「この重さでヒラメやったら、すぐ帰えろ。ヒラメパーティや」
息子「あ~、あかん、エイや」
一同大笑い。
カセのタモに入らないサイズの大きなエイ。カセの淵でハリスを切りました。ガックシ。笑 フォトなし。

2c05f986.jpg

※帰り支度スタート、息子が釣った魚の絞めをやってくれてます。楽。
 私「鱗と腹も取っといてね。」笑

来年はもう少し早めに、のっこみ頃に行こう、という事で、久しぶりのファミリーフィッシングは無事終了。あ~楽しかった。高速もいつに無く空いてて鳴門から自宅まで2時間かからず6時前には到着。しかも帰りは息子がドライバー。ありがとう。

e66cbb21.jpg

※本日の釣果 真鯛2 キュウセン3 ここ数日の雨で釣果はパッとしませんでした。真鯛ってチヌと違い真水が入ると嫌がりますよね。って事にしておきます。笑

9182a4c5.jpg

※大きいほうは刺身に、小さい方は渡船の親父さんに頂いた鳴門わかめを使ったワカメ蒸し。今月の酒は奥能登 白藤酒造店(白菊が有名)の夏越 純米にごり。
ん~、いい感じ。

来週は小鮎いけるかな。