コアユ釣りはシーズンも後半になてくると
河川での釣果のほうが安定しサイズも望めるということで
河川での釣りが中心になってくるようです。

私も7月に入ってから、何度か、同日に、浜と川で竿を出してみましたが
川のほうが格段に釣果が安定しています。
まあ、アユの習性、個体数から考えると当たり前と言えば当たり前です。

ただ、川の釣り場は入った場所、その時の水量によって
ポイントに合わせた釣り方が必要で、皆さんいろいろ工夫されています。
まあ、その辺がテクニック、腕ということになるんでしょうね。

私はまだまだ場数が足りないのでこれからですが、いろいろな情報を見てみると
特に、根掛対策についてはいろいろと工夫された仕掛けがあり、紹介されていますので
先駆者のアイデアを参考に何個か作っておきました。

61e7b730.jpg
左から
ボールラセン
ハッポウ棒ラセン
根掛軽減自立式おもり(1/8、1/8足付、3/16)

460eb943.jpg

左から
オリジナルの名無ラセン、まあウニのようなのでウニラセン ダサ(笑) まだ未使用、未評価
ボールラセン

それぞれ特徴があるので使い分けが効果的かもしれませんね。

それとワイヤー通しの底取りオモリはすべて極小の鉄リングをワイヤーに通して
アイの横にぶら下げてます。
ある程度、釣れる棚、つれ方が見えてきたら食わせの針をぶら下げて見ます。