IMG_4271

※8時頃の状況、若干水量がプラスで、ほんの少しだけ濁りが入ってます。


進行経路によっては影響が出そうな台風が近づいてきていたのでどうなるか気になっていたのですが、何とか釣りが出来そうと言うことで、かねてよりお約束していたブログ繋がりのクラッチさんと小鮎釣りに行ってきました。初めての小鮎釣りが安曇川と言うのもどうかとは思ったんですが、私が足を怪我して延び延びになり、9月に入って、釣れるところが安曇川しかありません。笑

まあ、小鮎は初めてだけど釣りはベテランだから大丈夫でしょう。

エサ釣り場の最寄のコンビニ(でも7~8kmほど離れてます)で待ち合わせしたんですが、先日のみさきさんとの釣行での集合に関しての私の発言、タイミングが悪かったなと思い、早めに集合場所に行くと、案の定、既に来られてました。笑

いつもは夜釣りがメインなので朝は遅めがいいかなって時間を設定したのですが、約束の時間より1時間も早く合流することになりました。すんません。笑
今回、私は釣り場の紹介と釣り方の紹介しか出来ませんし、まだまだ自分でも試行錯誤で自分の釣りも固まってません。教えると言うよりも、友達として一緒に竿を出そうと言う集まりなのに、クラッチさんにへんな気を使わせてしまいました、ごめんなさい。 笑

合流後、日券を購入しに漁協に移動しましたが結局当日は日券なしで釣る事が出来ました。ラッキーではあったんですが、無料開放との話は無かったので、この件はまた後ほど。

本日の釣座

IMG_4272

本日の釣座。今日は何時に無く釣り人が多くて残念ながら階段下直下には入れませんでした。階段下が特別良いという訳では無いのですがここのところの釣座選びは極力移動が少ないところが中心です。 笑
今回の釣座は、足元の黒いところは石化した堆積物、その先は粘土質で実はポイントとしては今一ですが、今日は小鮎釣りに徹しますので、エサを撒けば何とかなるでしょう。笑

まずはクラッチさんに簡単に仕掛けを説明して、まあ、たいしたノウハウも持って無いので直ぐ説明は終わり、エサをお渡しして開始していただきます。もともとのべ竿のメバル釣りの達人なので、直ぐに何年もやってる常連のような感じで、小鮎も掛かりだしたので、私も開始しました。

本日はいつもと少しだけ仕掛け、釣り方を変えて、小鮎を多めに釣る作戦です。
まず針数を増やして(5本以上)、仕掛けの入れ方は振りきりで、浮きに変化が出ても流しながらの追い食い釣りです。
ちなみに普段は真逆で
針数は3本以下で、仕掛けの入れ方は落とし込み、浮きは当たりが出る前の違和感を即合わせです。
出来るだけ浮いてる小さいのは避けて底でエサを狙っているマシな奴を掛けるというイメージです。あくまでもイメージです。笑

思い込みと、自己満足、釣りの楽しみの一面ですよね。笑

本日の釣果


結局、7時ごろから12時過ぎまで時にはお喋りしたりしながら楽しみました
釣った数は数えてませんが私は200程で、クラッチさんは100以上、一応小鮎先輩の面目は立ちましたが、残念ながら小さいサイズばかりで、良型は釣れませんでした。
なんとか、塩焼きサイズを持って帰っていただきたかったのですが力及ばずでした。 今年はもうサイズは厳しいかもしれないのでまた来年狙いに行きましょう。

そして帰りに二人で鳥中によって、本日は終了しました。

途中経過動画

安曇川小鮎釣り、途中経過

IMG_4277
釣行終了時の安曇川、朝より少し水が綺麗になりました。

IMG_4276

IMG_4275

日券の件

今回、クラッチさんの日券を買いに漁協に行ったのですが。
何するんや、という漁協の方の問いかけにエサだと伝えると、小さいのしか釣れへんで、の後にちょっとへんな間をおいてから、ええとの事。
ええって言うのは日券がいらないと言うことなんですが、無料開放してるとも言われてないので、当日の状況でそうなったのか、無料開放していたのかは不明です。 私たちは、無駄話もせずそそくさと漁協を後にしたのでそれ以上の情報収集は出来てません。 尚、もちろんですが、当日は検札の方も来られませんでした。
当日、いつに無く釣り人が多かったのは一部の人には連絡が回っていたのかもしれませんし、たまたまかも知れません。なんにしても、公式発表はありませんので、
この事実を参考にしていただくのは結構ですが、他の情報源に「無料開放かも」、とかの曖昧な広報は控えてください。

クラッチさんとの釣りを終えて

クラッチさんとの釣りを終えて、やはり日ごろからのべ竿で色々と釣りをされているので、小鮎釣りもなれた手つきでやられてました。知らない人が見たらまるで常連さんです。笑
当日も増水後の安曇川で、初めてなのに100以上は釣られてたのは流石です。
(こんなに釣られるのなら、一生懸命数釣りしなくても良かった。 笑)

 今回は渓流竿を使われてましたが、これならメバル竿も使えそうとの談なので、メバル竿の特性を生かした自分流の釣り方で楽しまれるような気がします。 今後は、日ごろのメバル釣りのテクニックを持ち込まれで新しいスタイルを作られるかもしれません。笑


きっかけは、淀川のマナーが悪いハゼ釣り爺さんでしたが、また一人、釣りを通じて友人が出来ました。今後ともよろしくお願いします。 

私、800円で手に入れたメバル竿があるので、また、メバル釣りに誘ってください。笑